【初心者向け】RSIダイバージェンスを探せ【手順】

FXなどのトレードをする中で、RSIを活用し、ダイバージェンス相場で逆張りを狙う人は少なくありません。

 

この記事ではダイバージェンス相場を簡単に見つける方法について記します。


まずはRSI70以上かRSI30以下になることを待つ

まずは相場が「買われすぎ」か「売られすぎ」である場面を見つけます。

 

今回は「売られすぎ」状態からの逆張り、すなわち「押し目買い」を狙います。

 

なので「RSI30以下」となっている相場を探しますね。

こちらはポンド円の4時間足です。

 

赤丸部分がRSI30ですね。

 

しかし、ここでエントリーではありません!!!

 

相場の監視が始まります。


RSI30以下のレートを下回ったところをアラートで待つ

RSI30を確認したのであれば、次にやることをチャートで見て行きます。

チャートでRSI30以下を確認してから、そのローソク足の終値に水平線を引いておきます。

 

その水平線にアラートをしかけておいて、水平線を下回ったローソク足が狙いです。

 

「レートは安値を更新している」ことを確認、でも「RSIは上昇」、であれば買いのエントリーです。

 

できるだけ、しっかりと下がったところを狙うとなお良いでしょう。

 

 

 

 

上記のチャートでは

「RSI:22/レート:135.09円」

「RSI:31/レート:134.81円」

というポイントがあります。

 

RSIは上昇しているのに、レートが下がっていますし、0.3銭程度も下がっているので「押し目買い」で入ってみると・・・。

 

その後、レートが上昇して成功となっています。


損切をしっかりと視野にいれる

上記は成功パターンであるため、簡単そうに見えてしまいます。

 

しかしながら、実際はダイバージェンスをしたからと言って、必ず相場が反転するとは限りません。

 

あくまで「優位性が比較的に高い」ということです。

 

そういったことを踏まえた上での「押し目買い」であるので「損切」を小さくして、次のチャンスを待つことが賢い選択でしょう。

 

「損切ライン」は直近の安値でもよいですし、そこからさらに「10pips」など、損切幅を肉付けをするのも、個人個人の判断次第ですね。


まとめ:ダイバージェンスを狙ってトレードの成功を目指そう

RSIのダイバージェンスを狙って、逆張りの成功率を高めましょう。

 

手順をまとめます。(押し目買いの場合)

1.RSI30以下の相場を探す(アラート)

2.RSI30以下のレートを下回るタイミングを待つ(アラート)

3、「レートは下落&RSIは上昇」をを確認できたらエントリー

(損切は必ず視野に入れておく)

 

ダイバージェンスを見つけるのは大変そうに思えますが、案外簡単ですね。

 

時間のない方でも1時間足や4時間足以上であれば、チャンスをうかがうことは難しくありません。

 

アラート機能を利用して、トレードチャンスを見つけたいですね。