ID でかんたんキャッシュレス

ID は、キャッシュレス決済の1つです。

IDは、非接触決済というQUICPayなどと同じで、スマートフォンやカードを、店舗の端末にかざすだけです。

携帯電話のアプリを開いたり、という操作が不要なため、使っていて気持ちのいいキャッシュレス決済です。

この記事では、IDについて解説させていただきます。

最後までおつきあいください。


スポンサーリンク

ID の特徴


キャッシュレス決済の1つである、IDについて見て行きましょう。


3つのタイプがある


IDには3つのタイプがありますので、下記をごらんください。

・ポストペイ型(後払い)

・プリペイド型(前払い)

・デビット型(即時引き落とし)

ポストペイ型は、クレジットカードのように後払いですが、利用によってポイントが付与されるなどの特典があるカードもあります。

プリペイド型やデビット型は、チャージした金額や、銀行残高以上の利用ができないので、使い過ぎに気を付けたい方に向いています。


ポストペイ型は便利でお得?


dカードや、イオンマークのカードなどに付帯された、IDはカードそのものでも、非接触決済が可能です。

さらに、スマートフォンや、iPhoneに、クレジットカードのIDを関連付けることで、スマホでの支払いも可能になるという便利さがあります。

スマホひとつで決済ができることは、とても便利です。

くわえて、dカードなどには、IDキャッシュバックという特典があります。

たとえば、IDキャッシュバックが4,000円ぶんあるとします。

すると、4,000円までの買い物によるID支払いが、4,000円分のキャッシュバック残高と相殺されます。

つまり、4,000円分、タダで買い物ができるというわけです。

筆者のおすすめは、豊富な特典やd払いなど、利用価値のあるdカードです。

カードの種類や、時期によって、キャンペーン内容は違います。


スマホへの設定方法


スマホに設定することは簡単です。

Androidスマートフォンの方であれば、GooglePay、iPhoneの方であればApplePayに登録します。


プリペイド型で有名なのはメルペイ


メルカリが提供するキャッシュレス決済のメルペイは有名です。

特徴は、メルカリで販売して取得した売り上げを、支払いに利用できることです。

また、最近では、後払い設定などもあり、設定された枠の中で利用し、後日、メルカリに支払うという形式です。

プリペイド型なので、使い過ぎを防止できるので、安心です。


使えるお店は豊富


各種コンビニ、ドラッグストア、またイオンなど、利用できる店舗は身近にあるでしょう。

地域の中小企業の店舗でも、利用できる店舗が見受けられます。


まとめ


IDについて、解説させていただきました。

消費者還元事業によって、キャッシュレスの支払いは、優遇されています。

毎日の買い物で反映されますので、率先して利用されることをおすすめします。

便利ですが、「スマホの紛失」などによって、不正利用される恐れもありますので、気を付けておきましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ケンヤクのススメでは、このほかにも本記事のようなお得をテーマにした記事がございますので、ぜひご覧ください。





コメントを残す

CAPTCHA