MACDシグナル

MACDの○○に注目!【たった一つのポイント】

FXや株トレードでMACDに注目している人は多いですよね。

しかしながらこういうことありませんか?

「MACDのゴールデンクロスで買っても利益が出ない」

「買った途端に損がふくらんで損切した直後に上がっていく…。」

このようなことが多いですよね?

筆者はそういうときがありました。

でもこのようなことをできるだけ避けて気持ちのいいトレードをしたくないですか?

この記事ではMACDで注目する「たった一つのポイント」について解説いたします。

MACDのシグナルに注目!

MACDには3つの指標がありますよね。

  1. MACD
  2. シグナル
  3. ヒストグラム

この中のシグナルに注目してみましょう!

スポンサーリンク

シグナルの動きは緩やか

下記の画像のオレンジのラインがシグナルです。

ゆるやかに動いていることがわかります。

このシグナルの動きをトレンドの方向性と考えてみるとおもしろいんですね。

シグナルはトレンドを示唆している!?

下記の画像をごらんください。

シグナルの方向性とレートの動く方向は同じですよね!

ではなぜシグナルに注目すると良いのでしょうか?

MACDの動きはウネウネしていてわかりづらい

シグナルの動きはなめらかな動きでわかりやすいですよね?

その反面、青いラインのMACDはウネウネしていて方向感がなく見えます。

なのでMACDの動きはトレンドがコロコロかわって難しいんですね。

だからシグナルに注目をしていればトレンドの方向感をつかみやすいということです!

シグナルのトレンドが変わるのはいつ?

これがいわゆるゴールデンクロスやデッドクロスなんですね。

遠回りして帰ってきた感じですが理解は深まったと思います。

ゴールデンクロス発生後にシグナルのトレンドが変わる。

つまり、その後の上昇トレンドを示唆した「サイン」なんですね。

ゴールデンクロスで買ってなぜ勝てない?

ゴールデンクロスで買って勝てないのはやはり「買うタイミング」です。

下記の画像を見ると明白です。

ゴールデンクロスを確認後の終値で買ったレートが「80.48」です。

その後にレートが下落して「80.26」になっています。

こういったときに損がふくらんで思わず損切りしてしまうんですね。(わたしです)

もちろんゴールデンクロス直後に買うのは成功するときもあります。

しかしほとんどが高値づかみだったりするんですね。

ゴールデンクロスのあとに押し目買いをすると勝ちやすい!?

買いのサインが出てから少し待つことが勝率アップにつながる可能性があります!

下記の画像を見てみましょう。

この押し目買いの狙い方はこうです。

  1. MACDのゴールデンクロスを確認
  2. ポリンジャーバンドの基準線付近で押し目買い

たった二つのサインを確認するだけなんです!

そんなに難しいことはしていませんよね!?

意識すべきポイントは「待つ」ことですね。

トレードの成功率は過去のチャートから検証してみてくださいね。

※重要※ 損切ラインはしっかり決めておく!

良い手法であっても100%勝てるわけではないのがFXですよね。

なので損切ラインはしっかり決めておきましょう!

早めの損切をすることで大損を避けることができます。

次のチャンスを待ちましょう!

FXや株トレードはすべて自己責任です。

早めの損切をした自分をわたしは誉めるようにしています!

それでは良いトレードを!





キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細はこちらから↑




スプレッドが業界最狭水準!キャンペーンも実施中♪↑




80万口座突破!人気のFX会社!↑

FXや株トレードでMACDに注目している人は多いですよね。 しかしながらこういうことありませんか? 「MACD…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA