ファミペイボーナス2,000円相当POSAカード購入で獲得予定

ファミペイボーナス

ファミペイを買い物で利用すると20%還元されるキャンペーンが実施されています。

筆者はPOSAカードを購入し、1度で付与上限の2,000円相当のファミペイボーナスを獲得する予定です。

POSAカードは「楽天ポイントギフトカード」であり、10,000円(税込)で10,000ポイントを購入する「交換」のようなものです。

ファミペイキャンペーンとPOSAカードについて記事を書いていきます。


スポンサーリンク

ファミペイ20%還元キャンペーンの基本情報

ファミペイボーナスの基本情報

気になるキャンペーンの基本情報を見て行きましょう。

キャンペーン期間:2020年10月6日から2020年11月2日

キャンペーン内容:ファミペイを利用するとファミペイボーナスを20%還元(上限2,000円相当)

参加条件:ファミペイチャージの設定に銀行口座またはファミマTカード(クレジットカード)を設定している方

ファミペイボーナス付与日は2020年11月20日を予定

ざっくりとキャンペーンの基本情報を並べました。

詳細は下記からご覧ください。


少し手こずった銀行口座登録

ファミペイチャージに使える銀行

ファミペイキャンペーンの参加条件である「銀行口座登録」と「ファミマTカード(クレジットカード)」の設定。

ハードルが低いのは断然、銀行口座ですが、おそらく登録できる銀行口座は下記の銀行のみ。

auじぶん銀行

関西みらい銀行

埼玉りそな銀行

西日本シティ銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

三菱UFJ銀行

りそな銀行

ゆうちょ銀行

この中でauじぶん銀行は設定できず・・・(例の口座不正引き出しの事件のせい?)。

なので三菱UFJ銀行で実行しました。

ちょっと苦労したのはワンタイムパスワードの設定で20分くらいかかりました。

アプリなどを使用して案内画面に従ったら設定完了しました。

2,000円のためなら20分くらいの苦労もいいでしょう。


ファミマで10,000円のPOSAカードを購入

ファミマで商品購入

筆者が狙っていたのはPOSAカードと呼ばれるもの。

10,000円分の楽天ポイントギフトカードです。

キャンペーンはプリペイドカード類の購入は対象外とされていますが、POSAカードは除くとされています。

この買い物で10,000円の買い物を一発でできたため、あとは2,000円相当のファミペイボーナスを待つのみです。

購入対象外の商品があるので詳細は頭の中に入れておきましょう。


楽天ポイントは使い道が豊富

楽天ポイントの使い道に喜ぶ女性

POSAカードで購入した楽天ポイントは使い道が豊富で助かります。

節約目的で参加したキャンペーンなので使い道も節約につながるよう気を付けたいですよね。

そうなるとできるだけ実生活に必要な生活費に使いたい。

私の生活で必要不可欠なのは自動車のガソリン代です。

そうなりますと、楽天ポイントで支払えるガソリンスタンドの利用は節約になります。(比較的、1リッター安いところで)

またマクドナルドも楽天ポイントで外食ができます。

昼食や家族との外食などでマクドナルドは使いますからね。

あとは楽天ペイでポイント支払い設定をすれば、楽天ペイ加盟店どこでもポイントを使えます。

さらに楽天市場で買い物をしたいときはポイント払いを設定するとポイントを消費できます。

ポイント44倍セールの時期を狙って使えばより効果的でしょうか。

このように使い道に困らないPOSAカード(楽天ポイントギフトカード)を面倒くさがりな筆者は買うことにしたのです。


ファミペイが使えるお店は?

ファミペイが使えるお店を調べる男性

ではファミペイが使えるお店はファミリーマート以外にどこがあるのでしょうか。

今後のことを含め、見て行きますね。

エディオン

100万ボルト

ヤマダ電機

スギ薬局

チチカカ

日高屋

ロイヤルホスト

などなど多数あります!

使い道に困ることはなさそうです。

ファミペイ加盟店をもっと見たい方は下記からどうぞ!


まとめ

ファミペイキャンペーンのまとめ

ここまでファミペイのキャンペーンに参加してPOSAカードを購入した筆者の経緯を記事にいたしました。

銀行口座やファミマTカードを登録するだけで参加できるので参加条件はハードルが低いキャンペーンだということがわかりました。

筆者の場合はPOSAカード(楽天ポイントギフトカード)の購入を選びましたが、それぞれ個人にあった使い方をおすすめします。

また使うことがあまりなさそうという方でも20%は還元されるので使った分だけの還元を受けることができます。

厳しい社会情勢の中で必要な出費を少しでも抑えることができればよいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。


コメントを残す

CAPTCHA