LINEPayで銀行口座に振り込みができる

LINEPayはキャッシュレス決済の1つで、新たに銀行口座に振り込みができる機能が追加されました。

キャッシュレス決済は乱立しており、それぞれに独自の付加価値がなければ、競争力を失います。

銀行口座に振り込みができるLINEPayについて見て行きましょう。

LINEPay


スポンサーリンク

法人・個人の銀行口座に振り込みができる


何かの支払いがあったとき、ATMに行くのが面倒なときがあります。

また、子どもの口座に振り込みをするときなどもあると思います。

LINEPayであれば、相手の電話番号やメールアドレスで銀行口座へと振り込みができます。

もちろん、口座番号で振り込みも可能です。


手数料は税込みで176円


実際に口座で振り込むと手数料がかからない場合があります。

176円を払うのはもったいない、という意見もあって当然です。

ATMに行く時間がない、ATMに行くより違うことをやりたい、といった方には176円を支払うことは惜しくないサービスです。


LINEユーザーなら誰でも登録可能


LINEは日本ではもっとも普及しているSNSといっても過言ではありません。

LINEPayは、誰でも簡単に利用可能です。


銀行口座やATMやコンビニで簡単にチャージできる


筆者がおすすめするのは銀行口座をLINEPayに登録してチャージする方法です。

指紋認証でスムーズにチャージができます。

通信ができる環境であれば、どこでもチャージができます。


家族や友達とお金のやりとりもできる


LINEPayには送金機能もあります。

家族に何か買ってきてほしいときに送金するなどできます。

友達と割り勘をする場合に送金をする。

小銭の取り扱いなどがないため簡単です。

また記録として残るので何かあったときでも、もめごとになりにくいでしょう。


LINEPay加盟店で簡単に支払える


コンビニやドラッグストアをはじめ、加盟店は増え続けています。

スシローやくら寿司なども対応していますね。


QUICPay加盟店でも使える


QUICPayはLINEPayより加盟店が多いでしょう。

LINEPayはQUICPayの加盟店でも利用できます。


請求書支払いも簡単


コンビニ払いで商品を購入した場合、コンビニで支払うための明細が送付されてきます。

LINEPayは請求書のバーコードを読み取って、コンビニに行かなくても支払いが可能です。

ついつい忘れてしまう請求書支払いも、LINEPayであれば、請求書が届いてすぐに支払うことができます。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ケンヤクのススメでは、このほかにも本記事のようなお得をテーマにした記事がございますので、ぜひご覧ください。






コメントを残す

CAPTCHA