【簡単】FXのやり方【初心者向け】

「FXに興味があるけど、やり方がわからないし、大損しそうで怖い・・・。」

このような初心者の方は多いと思います。

実際、FXは極度に欲張ったり知識がないまま始めると大損をしてしまうことが多いのです。

しかしながらうまくやると「楽しさ」と「利益」がついてくることも確かな事実です。

FXのやり方はとても簡単です。

1.余裕資金を準備する(10,000円~)
2.FX口座開設をする(国内FXがおすすめ)
3.買い建てや売り建てをする

リスクはありますが、やり方によってはパチンコや競馬などよりもリスクは低いものです。

またスワップなどで長期的に利益を狙うこともできます。

「FXを始めてみたい。」

そういった方はぜひご一読ください。


1万円でFX?

FXに必要な資金は10万円とか100万円と考えている方が多いと思います。

しかし実際は1万円でも取引は可能です。

なぜなら今までは国内FXで「1ロット=10,000通貨」という単位の取引がメジャーだったのです。

10,000通貨の取引では数万円の最低資金が必要なのです。(通貨ペア:ドル円などの場合)

しかし最近では「0.1ロット=1,000通貨」の取引ができるFX会社も増えてきているのです。

そのため1万円でも取引が可能なんですね。

1,000通貨の取引が可能なFX会社の詳細は↓から

みんなのFX

ではFXに必要な資金を考えてみましょう。

たとえば取引量が多い「ドル円」。

こちらを1,000通貨で「買い」や「売り」をするときに必要な資金はいくらなのでしょうか。

通貨ペア:USDJPY
取引種類:買い建て
レート:109.772
レバレッジ:25倍
ロット:0.1(1,000通貨)
純資産額:10,000円
ロスカットライン:103.95
必要証拠金:4,391円

「0.1ロット」の売買は「4,391円」あれば可能です。

ただし資金がちょうど「4,391円」ではいけません。

ちょっとマイナス方向に動いただけで「ロスカット」されてしまうからです。

なので10,000円の純資産額にしておけば、103.95円まではロスカットがされません。

損切ラインを自分で設定しやすくなるんですね。


FX口座を開設

口座開設はとても簡単です。

スマホがあれば手続きはさらに簡単。

詳しい経緯は下記のブログで報告しています。

みんなのFXは0.1ロットから取引可能です。

スプレッド(取引手数料)も狭いです。

ただし口座開設には審査が必要です。

なので必ず口座開設ができるというわけではありません。

場合によってはできないこともあるようです。

口座開設に必要な情報提供を正確に行い、口座開設が成功することを祈りましょう。

>>>USD/JPYスプレッドは0.2銭、「みんなのFX」


FXで買い建てや売り建てをする

FXは買いや売りができるのでチャンスが生まれやすいものです。

株取引なども売りはできますが、資金はかなり必要ですし、手数料のようなものも多く発生してしまいます。

もちろんFXも手数料はあります。

しかし売買で必要となる「スプレッド」はドル円の場合「0.2銭(みんなのFXの場合)」です。 ※2021/8/20現在

これは1,000通貨の売買であれば、「2円」の手数料です。

非常に低いですよね。

あとは相場を見て、「買い」や「売り」をするだけです。

「いつ買うのか、いつ売るのか。」

これが一番難しいのですがね。


FXで怖いこと

怖いことはやはり大きな資金で大きなロットで取引することです。

初心者の方は「大きなロットの取引は避ける」ことを強く推奨します。

また感情的になることも危険です。

損ばかりが出ると、ついつい感情移入してしまい、さらに損を膨らませることがあります。

そういったときは冷静な視点を持つように心がけましょう。

少し相場と離れるということも良い手段です。

またFXに限らず「やってみなければわからない」ということは多々あります。

「ああFXってこういうものなんだ。こういう点が怖いし危ないんだな。それならこうやればいいじゃん。」

というような”気付き”もやってみて初めて得られるのではないでしょうか。


まとめ:FXのやり方は簡単

FXは簡単に始めることができます。

また資金を限定することで低リスクの運用も可能です。

そして小さな資金を増やすことができたなら、次のステップに進むということも良いと思います。

何度も言いますが「感情的」になることはとても危険です。

自制心が必要となることが多々あるでしょう。

なので「機械的なトレード」や「大損しないトレード」を目指すことを推奨いたします。

また「テクニカル分析の勉強」や「ファンダメンタルズ分析の勉強」と「トレード経験」を地道に積み上げて行くことでレードのスキルは上がっていくでしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。