QUICPay のやり方を簡単に

<img loading=

QUICPay は、現在話題となっているキャッシュレス決済の1つです。

携帯電話に設定することで、レジでの支払いをスムーズにできます。

また、クレジットカードなどを連携することで、支払いによりポイントが貯まるのです。

つまり、簡単&お得な決済手段であるというわけです。

この記事ではQUICPayについて、解説させていただきますので、最後までお付き合いをいただきたいと思います。


スポンサーリンク

QUICPayって何?

<img loading=

まずは、QUICPayとはいったいどういったものであるのか解説いたします。


QUICPayは簡単でお得な支払い方法


QUICPayは、コンビニやイオンなど、お店のレジのところに置いてある端末にかざすだけで、現金を使うことなく、支払ができます。

財布を開けて、小銭を探したりする手間がなくなり、ポケットから携帯電話やカードを出して、かざすだけで支払いが済んでしまいます。


QUICPayの支払いでマイルやポイントが貯まる


お店によってポイントカードを提示することで、ポイントが貯まることは今や常識です。

ですが、 QUICPayなら、それに加えて、クレジットカードを利用したことによるポイントが貯まります。

例えば、楽天カードというクレジットカードをQUICPayの支払いに設定することで、100円の利用で1ポイントが貯まります。

もし、ローソンでポンタポイントカードやdポイントカードを提示するのであれば、QUICPayと2重でポイントがもらえるという恩恵を受けられます。


多様な支払い方法に対応


「クレジットカードは持っていない」、という方であっても、デビットカードや、プリペイドカードをお持ちの方はいらっしゃると思います。

QUICPayは、いろいろな支払い方法に柔軟に対応しています。


盗難や紛失を保障


「なくしてしまった」、「盗まれてしまった」、そういった場合でも、 QUICPayに指定したカードなどと同じ保障が受けられます。

そういったことから、スマートフォンなどは、今や貴重品です。

盗んで転売をする、などの被害にあわれないよう、十分に注意して管理しましょう。


QUICPayの使い方

<img loading=

では、どうやって使うの?、ということになります。

使い方を見て行きましょう。


店員さんに支払い方法を伝える


「支払いはクイックペイで」、と店員さんに伝えます。

キャッシュレスが進む現在では、支払い方法を伝えることは、一般的になっていますね。


お店の端末が青色点灯をしたらQUICPayを端末にかざす


店員さんが、「どうぞ」などと言いますので、それに合わせて、お店の端末にQUICPayをかざします。


お店の端末から「クイックペイ♪」と聞こえたら決済完了


決済が完了すると「クイックペイ♪」と、端末がわかりやすく知らせてくれます。

ですので、決済音が鳴るまでは、かざしたままにしておきましょう。

スマートフォンであれば、かざす部分はフェリカポートの部分になりますので、そちらも認識しておきましょう。


QUICPay の種類

<img loading=

携帯電話だけでなく、いろいろなタイプがあるようです。

そちらを見て行きましょう。


モバイルタイプのQUICPay


よく耳にする「おサイフケータイ(R)」対応のものがあります。

AndroidであればGoogle Pay、iPhoneであればApple Pay、またQUICPayモバイルなど、携帯電話でいろいろな利用方法があります。


カードタイプのQUICPay


とてもシンプルなカードタイプは、QUICPayの機能だけを持ったカードです。

クレジットカード一体型や、nanacoとQUICPayのどちらの電子マネーも使用できるカードなど、バラエティに富んでいます。


その他


QUICPayには、キーホルダー型や、コイン型のものがあります。

ユーモアがあり、使いたくなりますね。


QUICPay をはじめよう!スマートフォンのAndroid版


携帯電話はAndroidスマートフォンである、という方におすすめのはじめかたを見て行きましょう。


Google Payアプリをダウンロードしよう


ダウンロード

Androidスマートフォンであれば、Google Playというアプリで、さまざまなアプリをダウンロードできます。

上記の”ダウンロード”からでも、アプリはダウンロードできます。

もちろん、無料です。

※Google Payは FeliCa搭載端末おサイフケータイ アプリ6.1.5以上 、かつAndroid5.0以降で利用可能です。


Google Payにカードを設定しよう


所持しているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを、ダウンロードしたGoogle Payアプリに登録しましょう。

Google Payアプリを起動すると、明確に案内があります。

設定方法は、たったこれだけです。

簡単ですね。


QUICPayをはじめよう!iPhone版


Androidoのスマートフォンと、iPhoneとでは、設定方法が違っています。

iPhoneをご利用の方はこちらを見て行きましょう。


iPhoneのWalletアプリを起動


iPhone7以降をご利用の方であれば、Walletアプリを起動します。

起動後、手順に従って、お持ちのクレジットカードなどを設定します。

手順はなんと、たったこれだけです。

あとは店頭で利用するのみという非常に簡単な手順と言えるでしょう。


QUICPayのメリット・デメリット

<img loading=

簡単でお得なQUICPayですが、今一度、メリット・デメリットを冷静に見て行きましょう。


メリット:チャージ不要で使用できる


電子マネーと言えば、チャージが基本的なイメージです。

ですが、QUICPayでは、クレジットカードを設定することで、請求がクレジットカードに行きますので、後払いすることが可能です。

「後払いでは管理ができない」という方であれば、デビットカードを設定することで、銀行口座から使用した金額だけが引き落とされますので、使い過ぎの心配がありません。


メリット:ポイント還元


設定したカードのポイント還元率が、そのまま反映されます。

ですので、QUICPay自体には、ポイント還元率はありません。

また、設定できないカードも存在することは頭の中に入れておきましょう。


デメリット:インターネットショッピングはできない


便利ですが、インターネットショッピングでは利用できません。

ですが、店頭での支払いが便利であるというのがメリットですし、インターネットショッピングでは、クレジットカード決済を設定している方が多いと思いますので、デメリットというほどのものではないかもしれません。


デメリット:海外での利用ができない


海外での利用ができません。

海外に行った際にはクレジットカードなどを利用すると良いでしょう。

クレジットカードはショッピング保障や旅行損害保険が付帯しているので、そういった面でもおすすめします。


デメリット:2万円を超える決済ができない


高価なものや、大量に買い込んだ際に、2万円を超える決済はできないことになります。

しかしながら、2万円を超える支払いを頻繁にするということは、一般的にはあまりないと思います。

2万円を超える際はクレジットカードで支払うとよいでしょう。


まとめ

<img loading=

QUICPayについて解説させていただきました。

以下にポイントをまとめます。

・QUICPayは簡単な支払い方法

・QUICPayはクレジットカードなどを設定することでお得ができる

・QUICPayはiPhoneやAndroidスマートフォンで使える

・利用できないシーンもあるが、そういった場合はクレジットカードで支払いするとよい

現在、キャッシュレスは国が推進しているため、いろいろな専門家がキャッシュレスの利用をすすめています。

QUICPayに関連した大きなキャッシュバックキャンペーンも開催されています。

関連キャンペーン

ただし、QUICPayは携帯電話やカードを紛失してしまうと、悪用される恐れもあります。

携帯電話の端末は高価に転売されるなど、携帯電話に関連した被害は少なくないので、携帯電話は貴重品として、重大に管理することが大切です。

それによって、簡単でお得なお支払いが可能になりますので、ぜひ一度、QUICPayを試してみるとよいでしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ケンヤクのススメでは、このほかにも本記事のようなお得をテーマにした記事がございますので、ぜひご覧ください。