最大リスクを意識したFX売買の考え方と手法

FXを快適に

「貯金があって資産を増やすためにFXをしたい…でもリスクが…。」

 

このように考えている人は多いと思います。

 

すでにFXをやっていて資金を減らしてしまったという人もいるでしょう。

 

FXで大事なポイントは「待つ」ということに尽きます。

 

それは「エントリーポイント」を待つ、また「利益確定」のタイミングを「待つ」ということですね。

 

この記事を読むことでFXのリスクを把握できる上に、簡単に利益を狙える手法がわかります。

 

何度も言うように「待つ」ことでFXの勝率は大幅に上がります。

 

またもう一つのポイントとして「スワップ」があります。

 

これらを実践することで資産を積み上げていく可能性が高くなります。

 

資産形成はいかに早く始めるかが大事です。

 

今、こうしている間にもチャンスが訪れている可能性があるからです。

 

投資に絶対はなく、自己責任ではありますが、これらのデータや手法を見ることで「なんだ簡単だな」と思えるかもしれません。

 

FXで資産を増やしたいと考えている人は一度、読んでみることをおすすめいたします。

 

FXのリスクを把握しよう

「FXで大損したー!!!」

 

こういったブログやネット記事をご覧になった方は多いと思います。

 

これは「最大リスク」を把握できていない人が、やってしまったことだろうと推測します。

 

FXで大損するのはだいたい下記の2パターンだと思います。

 

・狼狽で損切

・強制ロスカット

 

「狼狽で損切」は初心者の方はついついやってしまいます。

 

ある程度、FXをやっている人は損切ラインを決めているので「よし損切」とやります。

 

なので傷口が小さいんですね。

 

狼狽で売る人は我慢して我慢して「あーもうだめだー」と損切をします。

 

なので大きな傷口になります。

 

本記事での「狼狽で損切」の対策は「損切をしない」ことになります。

 

こちらはのちほど解説いたします。

 

 

 

次に強制ロスカットです。

 

これは持っている資金と建てたポジションのバランスが悪いんですね。

 

FXではレバレッジという資金の何倍もの取引ができるシステムがあります。

 

しかしこれはうまくコントロールしないと、狙いと反対にレートが動いたときに大変です。

 

すぐに強制ロスカットをくらうこともあるんです。

 

本記事での「強制ロスカット」の対策は「資金をしっかり準備する」です。

 

こちらもこれから解説しますね。

 

FXは資金をしっかり準備すれば怖くない

ここではレバレッジ25倍で考えて行きます。

 

細かい説明を省きますが下記のような条件の時、どれほどの資金があれば安心なのでしょうか。

 

・ドル円を100円で買う

・レバレッジ25倍

・1万通貨

→安心できる資金は100万円

 

これはつまりドル円のレートが0円になっても「強制ロスカット」がないという意味での「安心」です。

 

「100万円って…。」

 

こう思う方も多いかもしれません。

 

これはドル円の場合であって、たとえばメキシコペソ円なら5円程度のレートなので「5万円」、トルコリラ円であれば「14万円」などなど、通貨ペアを選ぶことで少ない資金でも実践できます。

 

また1万通貨を1000通貨にするなどの工夫もよいでしょう。

 

ドル円であれば100円のレートでは1万通貨=100万円の資金が安心でしたよね。

 

でも10分の1の1000通貨なら10万円の資金で安心できるわけです。

 

このようにすると損切の心配はありませんね。

 

スワップが貯まる通貨ペアを買う

スワップは各国の金利差で発生します。

 

FX会社のそれぞれで違ってきます。

 

スワップが貯まると何が良いのでしょうか?

 

それは「毎日スワップが貯まる」というメリットです。

 

「ドル円を100円で買ったけど、今は95円…含み損だよ。」

 

このようなときでも毎日スワップが貯まるので心の支えになります。

 

100円にレートが戻れば「スワップのぶんだけ利益が出る」ということになります。

 

こういった損切をしない長期的な視点で考えると「スワップ」は嬉しいポイントですね。

 

良いエントリーポイントはどこ?

ズバリ、安いときです!

 

この記事を振り返ってみてください。

 

「損切をしない資金の準備」と「スワップ狙い」がテーマでしたよね?

 

であれば何よりも安いときに買うのがベストなのです。

 

では「安い」というのはどういうことなのでしょうか?

 

これが難しいのですが…。

 

簡単で明確な基準を見て行きましょう。

 

週足で52週安値のときに買う

移動平均線やMACD、RSI…。

 

こういったものは必要ありません。

 

難しいんですよね。

 

「過去52週」の「終値」を見て「現在の値が一番安い」ときに買うのです。

 

これなら簡単です。

 

ドル円で見た過去の52週安値で買い建てしたシミュレーション

2019年5月26日の週にドル円は108円をつけています。(おおよそのレートです)

 

これは過去52週の安値を更新しました。

 

では、ここで買ったとしましょう。

 

その後はどうなるのでしょうか。

 

この後、「105円」まで安値更新を続けます。

 

しかし2020年2月16日には「111円」をつけています。

 

2019年5月26日:108円で買い建て

2020年2月16日:111円で売り決済

1万通貨の場合:3万円の利益

 

さらに、およそ6か月分のスワップが得られるんですね。

 

108万円の資金があれば、強制ロスカットのリスクも必要ありません。

 

メリット・デメリット

この手法のメリットは明確ですね。

 

・強制ロスカットを気にしなくていい

・ほったらかしできる

・チャートを週の終わりだけ見ればいい

 

まとめると「心の余裕」が大きいです。

 

頻繁に売買をする人はチャートに張り付き疲れます。

 

まして含み損で資金がないという方はチャートにくぎ付けである上に、損切が待っていると考えると気が気ではありません。

 

資金をしっかり準備して明確なエントリーポイントを持てばこのようなことは避けられますね。

 

忙しい人には向いているのではないでしょうか。

 

 

ではデメリットをあげてみましょう。

 

・時間がかかる

・資金が無駄に思える

・売りのタイミングが難しい

 

何ヶ月や何年という期間がかかるのは少しネックかもしれません。

 

また資金の無駄遣いにも思えますね。

 

FXというせっかくのレバレッジという仕組みが活かされていない感があります。

 

どちらも「安全や安心」を考えると仕方がないのかもしれません。

 

また売り決済の利益確定のタイミングも難しいかもしれません。

 

含み損から脱したときについつい決済してしまい、利益が少しだけしかとれない可能性もありそうです。

 

この利益確定はどんな手法であっても難しいところなんですね。

 

トルコリラ円のような場合もある

実はこの手法にも弱点はあります。

 

通貨ペアの選択によっては大きな損を抱える場合があるからです。

 

注意したいのはトルコリラ円のような大きく安値更新を続けている通貨ペアです。

 

このような通貨ペアに手を出すと大変なことになります。

 

トルコリラ円は2010年のはじめは63円程度のレートでした。

 

ですが2021年現在は14円と大きくレートを下げていることがわかります。

 

もしも1万通貨の買い建てをしていた場合、およそ50万円の含み損になるんですね。

 

しかし10年という期間なので、何度か買い増しをすると…大変な含み損になりますね。

 

トルコリラ円はスワップが多くもらえる通貨で魅力的ゆえに人気も高いのです。

 

「今が底値だろう」

 

そう考えて買ってもさらに下がる可能性があります。

 

もちろん2021年現在の今の話なので、今後、トルコリラ円が大きくレートを上げる可能性もあります。

 

しかしそればかりはいつになるのか誰にもわかりません。

 

耐えられる資金を持っていて、通貨がデフォルトしないかぎり、スワップが貯まり続けるという希望もあります。

 

通貨ペアを選ぶときは注意が必要ですね。

 

安全手法の手順

では手順を見て行きましょう。

 

1.資金の準備(例:100万円)

2.通貨ペアの選定(例:メキシコペソ円、ランド円など)

3.毎週の終値をチェック(52週安値を更新していないか)

4.52週の終値が安値更新のときに買い建て

5.52週の終値が安値更新を続けるたびに買い建て

6.利益が出た時に売り決済

 

過去の事例を見てみると、安値を更新し続ける期間や回数は限られています。

 

含み損を恐れず、週の終値で安値を更新したときに買います。

 

この「待つ」ということを意識しましょう。

 

するとこのようなことが起こります。

 

安値更新が7円、6.5円、6円、5.5円…となり、買い続けます。

 

安値更新が終わった時に、4回の買い建てによってポジションが「6.25円」となるんですね。

 

これによって「スワップが4倍貯まる」「上昇幅が4倍」となるのです。(下落幅も4倍です)

 

リスクは最大で25万円です。(1万通貨ずつ買い建てした場合)

 

しっかりとリスクを管理することで、じっくりとチャンスを待つことができます。

 

もしも7.25円までレートが上がった場合どうなるのでしょうか。

 

4万通貨分なので4万円+スワップを受け取ることができます。

 

貯金で眠らせておくのがもったいなく感じられますね。

 

かける手間やリスクを考えれば、数ヶ月かかって4万円を稼げるというのは理想的に思えませんか。

 

みんなのFXであればスワップも貯まりやすい

みんなのFXは筆者も使っているFX会社です。

 

スプレッドは時間帯によってかなり狭いこともあるので嬉しいです。

 

スワップについてもメキシコペソ円なら4.1円やランド円なら6.1円など貯まりやすいですよ。

(2021年3月、目安と考えてください)

 

また0.1ロット(1000通貨)という少ない単位から取引可能です。

 

たとえばドル円で取引したいけど資金が…という方はロットを少なくやってみるのもよいでしょう。

 

通貨ペアも豊富なので、たくさんのチャンスに触れることができますね。

 

“みんなのFXはこちら

 

 今なら最大5万円のキャッシュバックキャンペーンが行われています。

 

詳細を確認してみて、とりあえず口座開設をしてみるのも良いかと思われます。

 

チャンスがきたときにすぐに買い建てができますからね。

 

過去に私が口座開設したときのブログはこちら。

みんなのFXをはじめました!ブログ報告

 

最後に投資は自己責任です。

 

ただリスクの考え方は見えたと思います。

 

投資に限らず、何事もリスクを取ることでその先にあるものを手に入れることができます。

 

もしも取引をするのであれば、最悪の場合に備えて、失ってもいい資金でリスクをとって、トレードするようにしてください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

冷静に「待つ」ことを心がけ、余裕のあるトレードを楽しんでください。



コメントを残す

CAPTCHA