楽天Edy で消費者還元とキャッシュレス

楽天Edy は、街の店舗で、幅広く利用できる、電子マネーです。

消費増税に伴い、ポイントによる消費者還元が話題となっています。

楽天Edyを利用することにより、ポイントによる還元を、支払いの最大5%を受け取ることが可能です。

この記事では、楽天Edyと、消費者還元制度について解説させていただきます。

最後までお付き合いください。


楽天Edy とは


楽天Edy は、一度は耳にしたことのある方も、多いのではないでしょうか。

楽天Edyについて、見て行きましょう。


スポンサーリンク

利用するスタイルはさまざま


楽天Edyは、さまざまなスタイルで利用することができます。

下記をごらんください。

・楽天ポイントカードに付帯

・楽天クレジットカードに付帯

・おさいふケータイ(スマートフォン)

・Edyグッズ

・各種スーパーマーケットのEdyカード

・社員証、学生証に付帯

・腕時計型Edy

このように、楽天Edyを利用できるスタイルはさまざまです。

もっとも身近なものであれば、スマートフォンのアプリである、おサイフケータイ機能を利用した、楽天Edyでしょう。

こちらは、アプリを無料でダウンロードし、簡単な設定を行うだけです。

また、スマートフォンは難しい・・・、というかたであれば、スーパーマーケットで発行されるEdyカードは、さらに簡単です。

店舗に設置された専用の機械で、現金を使った電子マネーのチャージができますので、かなりシンプルに利用できます。

わからないことも、店員さんに直接聞くことができます。


チャージできるスポットがいっぱい


楽天Edyは、コンビニの「ファミリーマート」に設置されている「Famiポート」でチャージが可能です。

また、Edyカードを発行している店舗に設置された、専用の赤い機械でもチャージ可能です。

さらに、スマートフォンからもチャージが可能なので、足りないときはいつでもチャージができます。


使えるお店が豊富


全国のさまざまなお店で利用できます。

代表的な例をあげますと、コンビニの「ローソン」「セブンイレブン」「ファミリーマート」などがあげられます。

スーパーであれば、「イトーヨーカドー」や「ゆめタウン」などがあります。

ドラッグストアであれば、「スギ薬局」「ツルハドラッグ」「ココカラファイン」などがあります。

大規模な店舗から、地域の店舗まで、利用可能な店舗はさまざまです。


楽天Edy と消費者還元事業


楽天Edyは、全国の店舗で簡単に利用できることがわかりました。

それでは次に、消費者還元事業について見て行きましょう。


ポイント還元の対象店舗は?


まず、利用する店舗がポイント還元の対象であるのかを知る必要があります。

下記のボタンから、経済産業省の関連ホームページを開きますと、わかりやすいマークがあります。

このマークがポイント還元の目印となります。


最大5%って?


実は、店舗によって、「5%」と「2%」といった、還元率の違いがあります。

見分ける方法は簡単です。

さきほどのマーク付近に、還元率が明記されていますので、判別は簡単です。


ポイント還元はどうやってされるの?


ポイント還元を受けるには、手続きが必要です。

といっても、難しいものではありません。

さきほど述べました、楽天Edyをチャージする機械などで、還元されたポイントはチャージが可能です。

詳細な受け取り方法は下記のボタンから確認できます。


まとめ


楽天Edyと、ポイント還元事業について、解説させていただきました。

消費増税の負担は、家計に大きな負担となりますので、少しでも軽減できるように取り組むことをおすすめいたします。

決して難しいことではありませんし、店頭でわからないことを聞くという手段もあります。

少しでも、おさいふに優しくし、倹約にむすびつけたいものです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ケンヤクのススメでは、このほかにも本記事のようなお得をテーマにした記事がございますので、ぜひご覧ください。






楽天Edy は、街の店舗で、幅広く利用できる、電子マネーです。 消費増税に伴い、ポイントによる消費者還元が話題…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA